「涼温な家」は、いつの季節でも 空気が爽快で美味しいですね。

    
Q1.吉建ホームとの出会い、 選んだ理由を教えてください。

数年前から妻が、書店で買った「涼温な家」(松井修三著)を熱心に読んでいました。“住み心地のいい家に建替えたい!”という想いがあったようです。
<さらに「いい家」を求めて>(久保田紀子著)も続けて読みふけっていました。その時点から、夢を実現させるために動き始めたのです。
私は妻から気持ちを伝えられ、「小平にあるマツミハウジングに行きましょう」と言われ、同行することになりました。
まずは、本の著者である松井修三氏に連絡をし、夫婦で小平にあるマツミハウジングさんへ出かけてお話を伺うことになったのです。
松井修三氏・松井祐三氏のお二人にお会いして、まず感じたのは熱心に語られる言葉に、間違いないなと実直に思いました。しかし、ひねくれ者の私は、その原理は本当なのだろうか?とどこかで疑いも持っていました。
マツミハウジングさんから「いい家」の会員である茨城県の施工会社として紹介を受けたのが、吉建ホームさんでした。
それから2日後、私たちは吉建ホームさんへ電話を入れ、お話をお聞きしたいと申し入れました。まだ冬の季節で気温は低く、風の冷たい日でした。
龍ケ崎体感ハウスを訪れて案内されると出迎えてくれた社長さんたちは、にこやかな対応で、押しつけることも、自慢をするわけでもなく、“ゆっくりこの体感ハウスを味わってください”と言うだけ。
爽やかな空気で、ほっとする温かさ(室温23℃・湿度53%)でした。その時点で、ほぼ完全にお願いしようと二人で決めていました。
それから季節を変えて何回か体感ハウスへお邪魔しましたが、いつも室温と湿度が一定で快適でした。お話を伺っている間も、体感ハウスが道路側にありながら車の騒音が気になりません。そして、毎回、空気の味が爽快で美味しかったことが「涼温な家」を選んだ理由です。

Q2.家の中で特にここは良かったと思う部分を教えてください。

たくさんありますよ。
まずは、空気がきれいです。
そして、日中と夜間の温度差が小さくて快適です。サッシは3層ガラスの構造で、外部からの音が全くしないし、結露もしません。
室内は白を基調にした壁で、明るくて広がりを感じ、また光も充分に射し込んでくれます。
床はすべてバリアフリーです。部屋の移動がとてもスムーズですね。無駄な動線がなく、とても自然体で使いやすい生活空間に仕上がっています。

Q3.家の臭いは気になりますか?

全くありません。料理の際の臭いは出ますが、いつまでも残っているということはありません。換気システムが効率的に働いてるからなのでしょうが、すぐに美味しい空気に戻ります。

Q4.奥様の感想はいかがですか?

「涼温な家」に住んでからお友達に「今までより健康的なのはなぜ?」と聞かれることが多くなりました。
そして、光熱費が以前の家に比べて安くなったことにビックリです。
何か不安や疑問があるたび、監督さんに連絡をさせてもらいましたが、すぐに駆けつけて対処してくれます。とても心強いです。

Q5.その他エピソードなど ございましたらお願いします。

この家の完成引渡しの日を、妻の誕生日に合わせて欲しいとお願いしたことです。
設計調査、行政折衝、予算書、地盤調査で約8カ月を費やして、平成27年11月7日に着工し、平成28年4月30日に完成しました。
妻の誕生日の4月30日に約束どおり引渡しとなりました。快く引き受けていただき嬉しかったです。

Q6.梅雨時の湿気や夏の暑さ・ 冬の寒さについてはいかがですか?

梅雨の不快感とは無縁です。何も意識せずに過ごせました。
冬場には、当初の説明で“湿度に注意した方が良い”と教えていただき気に
していましたが、1年が過ぎても何ともありませんので、特別な湿度管理をしていません。
加湿器を準備しましたがほとんど使っていません。家の大きさによるのかな?と思いますが、今の状態が自然体でいいだろうと思っています。
涼温エアコンは夏・冬ともに、日中の数時間は使用しますが就寝前には消しています。朝まで快適な室温を充分保っていますよ。不思議なくらい一年中変わらない快適さです。

Q7.涼温換気システムの維持については いかがですか?難しくはないですか?

フィルター交換・清掃・ホコリフィルターの掃除機掛けを毎月行っています。簡単ですよ。掃除の度に一番外側の防塵フィルター(袋)を覗いてその汚れの凄さにビックリしています。今まではそれが家の中に取り込まれていたんですね。この「涼温な家」では、蚊やハエなどの虫の侵入もなく安心して過ごしてます。
フィルターの管理は、長く快適に過ごす極意と心得ています。

Q8.ご検討中の方への アドバイスをお願いします。

家って機械換気が重要です。我が家のお隣さんは新築したばかりだけど、年中窓を開けて換気してるんですよ。それじゃ快適な暮らしは出来ないですよね。我が家は全く窓を開けない生活が普通になったなぁ、洗濯物も外に干さなくなったし(笑)。室内に干した方が、かえってきれいに仕上がりますよね。
期待以上に快適な家を造れたことに満足しています。
でも、監督さんは「これでも満足してないんです。まだまだ改善点を見つけて研究しているんですよ!」と言ってくださるので感激ですよね。
これから家を建てる方は、住んでいく家をどのように使うのか、生活空間をイメージして、設計さんに伝えて相談されたらいいと思いますよ!!


ご質問・ご不明点がありましたら、
お気軽にお問い合わせください。
資料請求 お問い合わせ